元幼稚園教諭の母は働きたくない!!

現役幼稚園教諭の方に役立つ情報、幼稚園の裏側暴露、子育てに便利なものを発信しています!息子の為に在宅で月8万円の収入を目指す奮闘記も!

先生にいじめられていた幼稚園時代

 

f:id:hatarakitakunai-haha:20220201103339p:plain

 

 

こんにちは、働きたくない母です。

 

本日も皆様お疲れ様です!

 

今日はふと思い出したので、幼稚園年長さんだった頃のお話をひとつ。

 

こんな人が書いてます↓

hatarakitakunai-haha.hatenablog.com

 

 

 

きっかけ

私の家はいわゆる転勤族でした。

新しい環境に慣れてもすぐに引っ越すのが当たり前。

通った幼稚園は3か所、小学校も3か所

3ヶ月しかいなかった所もありました。

 

そんな境遇もあってか、怖いもの知らずで天真爛漫な性格でした。

先生からすると、手もかからずあまり可愛くなかっただろうと思います。笑

 

私の母は毎日ワンオペで三人の子どもを育てていました。

何かあれば全力で守ってくれる頼もしい母です。

正義感が強く、間違ったことがあればはっきり相手に伝えます。

 

ある日、母が銀行へ行くと

保育中だったにも関わらず担任の先生に会ったそうです。

普通ありえませんよね?

自分が幼稚園教諭になったのでよくわかりますが、

そんな無責任なことは絶対にしません。

事情があったとしても担任は抜けないのが普通です。

 

子ども達はどうしているのか。

おかしいのではないか。

 

母は疑問に思い問いただしたそうです。

とても鬱陶しそうな様子で

 

「他の先生が見てます」

 

と言っていたそうです。

 

それから母は園に不信感を抱くようになりました。

どうやら、担任が抜け出しているのはこの日だけでなく

日常的に行われているようでした。

 

子ども達に何かあったらどうするのか。

 

母は幼稚園に抗議したそうです。

 

違和感を感じた園生活

 

私は何も知らず、楽しく園生活を送っていました

が、不思議に思うことが起こるようになりました。

 

 

先生に「これ全部お片付けしておいてね」

と頼まれることが増えました。

頼られて嬉しかった私はせっせと言われた通り片付けに取り組んでいました。

しかし、いつも片付けが終わり振り返ると誰もいなくなっているのです。

 

遊戯室にぽつんと一人。

慌てて保育室に帰るとドアは閉められています。

締め出されているのでした。

ドアがあくまでしばらく待っていました。

 

外遊びでも同じことが起こります。

 

なんでかな?

締め出され、寂しい思いをする日々を送るようになりました。

 

事件

ある日、いつものように園庭に取り残され

一人で靴を履き替えようとしていたときです。

園で一番の乱暴者が目の前に現れました。

今思うと、多動症の子だったように思います。

横をすり抜けようと思ったら、いきなり顔面を殴られたのです。

同時に歯が折れました。

 

びっくりして先生に報告しに行きました。

 

幸い、折れた歯は抜けそうな歯だったようでなんともありませんでした。

しかし、子どもながらに驚いたのが先生の一言。

 

「あなたが意地悪したからでしょ」

 

私は無実を主張しましたが、なぜか私が悪者になっていました。

意地悪しなければ相手の子は殴らなかったんだからと。

 

今の立場で言わせてもらうと、

まず、先生が見ていない場所でトラブルが起きたことが問題です。

わざと私を園庭に置き去りにしたこと

相手の子が保育室からでているのに気が付いていないこと

すべて先生の責任ですよね。

保育の現場で見ていなかったは許されません。

また、私が先生に嫌われていたからとはいえ、

子どもの話を聞かずに決めつけるのも最低です。

 

子どもが怪我をしたのだから謝って許されることではありませんよね。

とても考えられないような酷い事件です。

 

先生は母にも私が煽ったので殴られたと報告したようですが、

私は無実であることを訴えます。もちろん母は信じてくれました。

母はおかしいと園に抗議してくれたようでした。

 

しかし、それが私へのいじめを加速させました。

 

加速するいじめ

「冬なのに短いずぼん履いて、変なの」

「他のクラスにいけば?」

「かわいくない」

など、言葉での攻撃もされるようになりました。

 

当時、あまり意味はわかってなかったのですが

攻撃されていることはわかり、悲しい気持ちになりました。

 

一人で片付けさせられているのが

意地悪だということもなんとなく理解するようになりました。

 

それでも、幼稚園も先生も大好きでした。

なるべくいい子でいようと頑張っていたように思います。

先生に愛されたい、その一心でした。

 

その後

 

大人になってから、何の気なしに母にこの話をしました。

園で先生の様子がおかしかったと。

すると母は知らなかったと驚き、申し訳なさそうに教えてくれました。

 

母が先生の痛いところ突くので、園側にクレーマーだと言われ

母自身も大変な思いをしていたようです。

先生たちには嫌な顔をされ、園からの大事な連絡がこなかったり

無視されたりしていたそうです。

小学校にもクレーマーだと申し送りされていたようで

肩身の狭い思いをしていたとのことでした。

すぐに引っ越しが決まったので、逃げられたそうです。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

田舎の幼稚園だったので、独特の世界があったのかもしれません。

引っ越してきた私たちが変わり者で受け入れがたいのもあったでしょうが

それにしてもひどい仕打ちでした。

母も口うるさかったかもしれませんが、対応の仕方があったように思います。

 

先生はいつでも子どもたちに平等でなければなりません。

私もモンスターペアレントと対峙したことがありますが

子どもに意地悪をしようなんて発想にはなりませんでした。

子どもにはなんの罪もありません。

時代は違えど、同じ幼稚園教諭として信じられませんし恥ずかしいです。

こんな人間にはなりたくないですね。

同じような思いをしている人がいないことを祈るばかりです。

 

 

 

ここまでお付き合いいただきありがとうございました!

楽しんでいただけたでしょうか?

またお会いしましょう。

 

 

 

 

ブログのランキングに参加中です。

ポチッとバナーをクリックしていただくと、

ランキングが上がりますので今後の活力の為によろしくお願いします☆

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

フリマアプリ「メルカリ」で販売してます

ベビー、キッズ用品新品もありますよー!

メルカリを見てみる

 

 

働きたくない母がやっているアフィリエイト↓